東海ラジオ 牛に聞いてミルク
おたより募集中
枠 枠 枠
枠 どこのご家庭の冷蔵庫にもいつも入っている牛乳。たくさんの栄養がぎゅ〜と詰まっていて「完全食品」とも言われる牛乳は、私たちの健康生活には欠かせない飲み物です。
この番組では牛乳にかかわる面白い話やタメになる話を、「タクマ・神野のどーゆーふー」のパーソナリティ、タクマ・神野三枝が楽しく ご紹介します。
「牛に聞いてミルク!」を毎週聴いて、ますます健康で元気になってミルク〜。
枠
枠 枠 枠
プレゼント 今週の番組内容 ミルク瓶右

9月20日(金)放送

◆・・・「乳牛1頭が1日に出すミルクの量はどれくらい?」・・・◆
タクマ:

朝晩は過ごしやすくなってきましたが、夏の疲れが出やすい時期です。
タンパク質やミネラル、ビタミン、脂質などの栄養素をバランスよく含む牛乳を飲んで元気に乗りきりましょうねぇ。
今回は「乳牛1頭が1日に出すミルクの量はどれくらいか?」お伝えします。

神野:

明日から3連休、秋の行楽シーズンですが、皆さんは、観光牧場などで乳牛のおっぱいを見たことが、一度ぐらいはあるのではないでしょうか?
大げさに言えば、地面に着くのでは・・・、と思うほど大きなおっぱいですが、乳牛のおっぱいはいくつあるか、ご存知でしょうか?

タクマ:

人間と違って4つもあるんですね。
それでもお乳が出るのは、子牛を出産したお母さん牛だけです。
そして、お母さん牛は子牛を出産したあとは、毎日ミルクを出します。
その量は、1日平均で25〜30kgになります。

神野:

この数字、乳牛1頭が1日に出すミルクの量ですからね〜。すごい量です。
多い時には1日に40〜50kgもだしてくれるそうですよ。
さらに1年間では、8000〜9000kgにもなります。
多い牛は1万kg、つまり10t以上にもなります。

タクマ:

10tと言われても、ピンとこないぐらいもう〜すごい量です。
ちょっとだけピンとくるように、皆さんがスーパーで買ってくる1リットルの牛乳パックに換算すると、乳牛1頭が1年間に出すお乳の量は、だいたい8500本分になります。

神野:

すごいねぇ〜!仮にタクちゃんが、毎日コップ1杯、200ミリリットルの牛乳を飲むとすると、4万2500杯分、なんと116年分の牛乳です。

タクマ:

頑張って毎日2杯飲んでも58年かかるんだ。生きとれせんわ!

神野:

もうちょっと早くからスタートしないと(笑)

タクマ:

とにかく、ものすごい量のミルクを1頭の乳牛が出してくれているわけですね!
さて、番組でご紹介させて頂いた方には、地元の新鮮な牛乳をはじめ、いろいろな乳製品が詰まった「開けてのお楽しみ乳製品セット!」をプレゼントします。
お名前、住所、連絡先を書いてご応募下さい。

神野:

メールの場合はdoo@tokairadio.co.jp又は「牛に聞いてミルク」のHPから。
FAXの場合は、FAX番号052‐961‐0077
ハガキの場合は、郵便番号461‐8503 東海ラジオ「牛に聞いてミルク」宛て。

タクマ:

『日本の牛乳は、日本でつくる!』
皆さんも新鮮な地元の牛乳を飲んで、お互い元気に頑張りましょうね!

タクマ・神野:
ごちそうさまでした。
バックナンバー
送りいただいたお便りは、加筆・編集した上で番組でご紹介したり、本ホームページに掲載させていただく事が あります。
その際、個人を特定できる情報は掲載いたしません。 また、お送りいただいた個人情報は厳重に管理し、本ホームページを含む
当番組企画以外で利用することはありません。東海ラジオの個人情報保護方針についてはこちらをご覧下さい。
フッター
Copyright c 2009 東海ラジオ All Rights Reserved.
東海ラジオ 東海酪農業協同組合連合会 MILK JAPAN メールフォーム バックナンバー