東海ラジオ 牛に聞いてミルク
おたより募集中
枠 枠 枠
枠 どこのご家庭の冷蔵庫にもいつも入っている牛乳。たくさんの栄養がぎゅ〜と詰まっていて「完全食品」とも言われる牛乳は、私たちの健康生活には欠かせない飲み物です。
この番組では牛乳にかかわる面白い話やタメになる話を、「タクマ・神野のどーゆーふー」のパーソナリティ、タクマ・神野三枝が楽しく ご紹介します。
「牛に聞いてミルク!」を毎週聴いて、ますます健康で元気になってミルク〜。
枠
枠 枠 枠
プレゼント 今週の番組内容 ミルク瓶右

9月21日(金)放送

◆・・・「乳牛1頭が1日に出すミルクの量」・・・◆
タクマ:

朝晩は肌寒く感じる様になってきましたね〜。
季節の変わり目は体調も崩しやすくなりますからお気を付け下さい。
ミネラルやビタミンなどもバランスよく含む牛乳を飲んで元気に過ごして下さい。
今回は「乳牛1頭が1日に出すミルクの量はどれくらいか?」お伝えします。

神野:

やっと涼しくなってきて喜んでいるのは、人間だけではないんですね。
暑いのが苦手なのは乳牛も一緒ですから、ほっと一息ついている頃でしょうか。
暑い時期には、ミルクの量も減ってしまうそうですが、それでも乳牛1頭が1日にだすミルクの量は、すごい量ですよ。
どれくらいだと思いますか?
参考までに、乳牛1頭当たりの1日の食事量は青草で50〜60kgにもなります。

タクマ:

50〜60kgと言ったら、10kgのお米が5〜6袋なので、すごい量ですよね。
では、お乳の量はと言うと、食べた量の半分ぐらいの1日平均で25〜30kgにもなります。
多い時には、40〜50kgも出してくれますよ。
1リットルの牛乳パックなら25〜50本分という事多いですね。

神野:

そして、1頭が1年間に出すお乳の量は8000〜9000kg。
お乳の量が多い牛になると、1万kg、つまり10トン以上にもなります。
10トンと言われてもピンとこない量ですが、これを1リットルの牛乳パックに換算すると1頭の乳牛が1年間にだすミルクの量はおおよそ8500本分になります。
タクちゃんが毎日コップ1杯、200ミリリットルの牛乳を飲んでいると思いますが、それが4万2500杯分、なんと116年分の牛乳です。

タクマ:

それなりの歳になるわね。(笑)
でも、それほど多いミルクの量を1頭の乳牛が1年間にだしてくれているわけですね。
さて、この番組についてのご感想や、牛乳についてのエピソードをぜひ、ご応募下さい。
番組でご紹介させて頂いた方には、地元の新鮮な牛乳をはじめ、いろいろな乳製品が詰まった「開けてのお楽しみセット!」をプレゼントします。
お名前、住所、連絡先を書いてご応募下さい。

神野:

メールの場合は、doo@tokairadio.co.jp又は「牛に聞いてミルク」のHPから。
FAXの場合は、FAX番号052‐961‐0077「牛に聞いてミルク」まで。
ハガキの場合は、郵便番号461‐8503 東海ラジオ「牛に聞いてミルク」宛て。

タクマ:

『日本の牛乳は、日本でつくる!』
皆さんも新鮮な地元の牛乳を飲んで、お互い元気に頑張りましょうね!

タクマ・神野:
ごちそうさまでした。
バックナンバー
送りいただいたお便りは、加筆・編集した上で番組でご紹介したり、本ホームページに掲載させていただく事が あります。
その際、個人を特定できる情報は掲載いたしません。 また、お送りいただいた個人情報は厳重に管理し、本ホームページを含む
当番組企画以外で利用することはありません。東海ラジオの個人情報保護方針についてはこちらをご覧下さい。
フッター
Copyright c 2009 東海ラジオ All Rights Reserved.
東海ラジオ 東海酪農業協同組合連合会 MILK JAPAN メールフォーム バックナンバー