東海ラジオ 牛に聞いてミルク
おたより募集中
枠 枠 枠
枠 どこのご家庭の冷蔵庫にもいつも入っている牛乳。たくさんの栄養がぎゅ〜と詰まっていて「完全食品」とも言われる牛乳は、私たちの健康生活には欠かせない飲み物です。
この番組では牛乳にかかわる面白い話やタメになる話を、「タクマ・神野のどーゆーふー」のパーソナリティ、タクマ・神野三枝が楽しく ご紹介します。
「牛に聞いてミルク!」を毎週聴いて、ますます健康で元気になってミルク〜。
枠
枠 枠 枠
プレゼント 今週の番組内容 ミルク瓶右

7月3日(金)放送

◆・・・「えさの種類」・・・◆
タクマ:

蒸し暑い毎日が続きますねぇ。
ほど良くナトリウムを含む牛乳は、汗をかいた後の水分補給にも適していますよ。
牛乳を飲んで、乾いた喉と体をうるおして下さいね。
今回は「乳牛のえさの種類」についてお伝えします。

神野:

乳牛は草食動物ですが、草だけではミルクを出す能力を十分に発揮できないので、乳牛の主食である「粗飼料」とおかずにあたる「濃厚飼料」と呼ばれるえさをバランスよく与えています。
この2つのえさはどう違うのでしょう?

タクマ:

「粗飼料」は、乳牛の主食にあたるものです。
青草や、乾燥した草、そしてサイレージなどになります。
サイレージとは、草やトウモロコシを長く保存できるように乳酸発酵をさせたもので、人間の食べ物で言えば、漬物の様なものです。
これらの主食は繊維質を多く含み、ビタミンやミネラルの供給源にもなります。

神野:

ところで、人間は草などの繊維質を消化できませんが、乳牛が消化できる、そのわけは、実は、微生物なんです。
乳牛には胃が4つもありますが、その中でも、一番大きな第一胃に住んでいる微生物が繊維質を消化してくれるんです。

タクマ:

そして、微生物が繊維質を消化する時にでる脂肪酸が、乳脂肪になるんです。
うまくできていますよねぇ。
牛なのに!笑
さて、続いては乳牛のおかずになる「濃厚飼料」には、何があるのでしょう?
乳牛のおかずは、トウモロコシや大麦などの穀類。

神野:

それから米ぬかやふすま。
ふすまといっても食べるふすまですよ!
ビートパルプと呼ばれる砂糖大根のしぼりかすやビールかす、しょうゆかすなどになります。

タクマ:

かすばっかり!

神野:

それが栄養になるんです!
これらの濃厚飼料は、タンパク質、炭水化脂肪などの豊富な栄養を含んでいるので、乳牛のお乳の生産能力が上がりますし、お乳の中の栄養分も多くなります。

タクマ:

すごいね〜乳牛に与えるえさによって、お乳の量や質が変わってきますので、酪農家は乳牛に必要な栄養分を綿密に計算してえさを与えていますよ。
最後に、東海酪連では現在、第5回ミルク料理レシピコンテストのミルクスイーツ作品を募集しています。

神野:

締め切りは9月13日まで。
詳しくは、「うまいぞ!牛乳」 東海酪連のホームページまで。

タクマ:

『日本の牛乳は、日本でつくる!』
皆さんも新鮮な地元の牛乳を飲んで、お互い元気に頑張りましょうね!

タクマ・神野:
ごちそうさまでした。
バックナンバー
送りいただいたお便りは、加筆・編集した上で番組でご紹介したり、本ホームページに掲載させていただく事が あります。
その際、個人を特定できる情報は掲載いたしません。 また、お送りいただいた個人情報は厳重に管理し、本ホームページを含む
当番組企画以外で利用することはありません。東海ラジオの個人情報保護方針についてはこちらをご覧下さい。
フッター
Copyright c 2009 東海ラジオ All Rights Reserved.

 

東海ラジオ 東海酪農業協同組合連合会 MILK JAPAN メールフォーム バックナンバー